News

2011.02.25 ESCAPISMききどころ3~ひまわり


気づいたらもうあと一週間じゃないですか、CD発売...。
今日はラジオ日本さんのスタジオへお邪魔してきました。
3月10日にOAされる『フォーク魂』という番組のゲスト出演です。
詳細決まり次第アップしますので、ぜひ聴いてくださいね~!


ということで、今日は3曲目、『ひまわり』のお話を。

このひまわり、僕が作った曲の中でもかなりの初期の作品です。
恐らく人生で3番目くらいに作った曲なのではないでしょうか。
19歳の頃ですよ、確か(笑)

これを始めて歌ったのは渋谷のオーチャードホール。
AAAというイベントの中でです。
その時、僕はまだギターなんて全くできず、鼻歌で曲を作っていました。
なので当日も誰かに演奏してもらわなきゃ...と、
その日の他のゲストの方のミュージシャンの皆さんに演奏していただきました。

その中に石川鷹彦さんもいらっしゃったわけなのです。

あの時以来、10年ぶりに再びアレンジと演奏をこのCDの為にお願いしました。
ま、当然石川さんは当時のアレンジはあまり覚えてらっしゃらなくて(笑)
僕が「こんな感じでした!」と色々とリクエストを聞いていただき、
今回のアレンジを仕上げてくださいました。
ガッツリしたストロークで力強いアレンジは、まだ若かった当時の僕の作った歌にピッタリです。
なんかこう...青い感じ?それが実に良いのです。


ESCAPISM発売まであと7日。

2011.02.18 ESCAPISMききどころ2~グッモーニン


20110218.JPG
昨日、山野楽器さんでの購入者特典用のクリアファイルが届きまして、
200枚ほどサインを入れました。
A4サイズのクリアファイルですので、使いやすいんじゃないかと!
ぜひ皆様のお手元に置いていただきたいです。


さてESCAPISMききどころ、第二回は二曲目の
『グッモーニン』です。

この曲は今から何年くらい前かな...6年くらい前の曲ですね。
もちろん僕が作詞作曲したものなのですが、
ストーリーとしては、一曲目の『都会のメロディー』と同じ主人公と考えていただいて結構です。
都会のメロディーの主人公が、悩んで、迷って、眠れない夜を過ごした次の日の朝、
そんなシチュエーションです。
どんなに眠れない夜があっても時間は流れていき、気づけば外は明るくなっているものです。時間の流れは誰にも止められない分、残酷でもあり、優しくもあるのです。
無理やりにでも朝日を浴びつつ外に出れば、カラ元気だろうとなんだろうと活動が始まります。

いいじゃん、それでも。

無理せず自分なりに、自分の力を信じて歩いていこうよ。

...そんな歌です。
この曲はアレンジを石川鷹彦さんにお願いしました。
都会のメロディーの拙い弾き語りからいきなり綺麗なギターサウンドに変わります(笑)
その変化をぜひ感じていただきたいです!
漆黒の夜中から眩しい朝がやってくるかのように。


ESCAPISM発売まであと14日。

2011.02.13 ESCAPISMききどころ1~都会のメロディー


いよいよ僕のニューアルバム、ESCAPISM(エスケーピズム)の発売まで一カ月をきりました。
このESCAPISMですが、全12曲入りのフルアルバムで、
大変聴きごたえのある作品に仕上がっているのではないかと我ながら思っているわけです!

そこで今日から収録されている12曲、それぞれに対して個人的な解説と言いますか、
裏話と言いますか、想いと言いますか、そんなものを付けていきたいと思います!

題して『ESCAPISMききどころ』シリーズ。


第一回目の今日はアルバム一曲目に収録されている
「都会のメロディー」

この曲は唯一このアルバムの為に書いた新曲です。
そもそも「ESCAPISM」というアルバムのタイトル、
これは『現実逃避』という意味の英語です。
なんという後ろ向きなタイトルなんだと(笑)思いましたか?
でも、この現実逃避こそが実は現実なんじゃないかと最近思えてきまして。

毎日毎日忙しい、つまらない、満たされない。
こんな日々から抜け出したい、遊びたい、癒されたい。
そんなこと考えてるうちに時間はどんどん過ぎていく。当たり前のように。

現実から逃げつつ飄々とした日常を送っていく、
あれ?逃げようとしているのがデフォルトになってるの?

皆さん、多かれ少なかれこんな事考えたりしちゃう時ってありますよね。
もしくはそういった時期を乗り越えて現在があるのではないかと。


だんだん難しい話になってきてしまいましたが、
この日本の都会にはそんな漠然とした悩みを持っている方、多いと思うんです。
それを形にして、つたない弾き語りで歌ってみたのがこの「都会のメロディー」です。
音質的にはライブハウスで歌っているような感じに仕上げていただきました。

以前から僕が勝手に言っていた
"僕の歌は現代風の四畳半フォーク、言うなればニート系フォーク"
を体現している曲です。
後ろ向きにポジティブな感じです(笑)

アルバムの導入歌のつもりでさらっと聞いていただけたら嬉しいです^^


ESCAPISM発売まであと19日。