News

2011.03.14 心からお見舞い申し上げます


今回の東日本における大地震に被災された皆様に
心からお見舞い申し上げます。

多くの方々が今も大変なご苦労をされている事と思いますが、
一刻も早い復興と、
これ以上の被害が拡大しない事を願っております。

私の住んでいる東京都下では、
人々の多少の困惑はみられるものの、
大きな混乱が生じるまでは至っていない状態です。

これから少しずつ、
一人ひとりができる事を始めていきましょう。



神部冬馬

2011.03.09 ESCAPISMききどころ5~一人旅


ESCAPISM、発売されました~!!
まだまだ無名なもので、全国すべてのCDショップにバカスカ置いてある作品ではありませんが、
着実に置いていただいているお店は増えておりますので、
どうぞCDショップお立ち寄りの際には探してみてくださいね。
またはネットでの通販は「ESCAPISM」で検索していただければかなり出てきますので、
ご利用してみてください!

ここ一週間はVF甲府の開幕戦でスタジアムで歌ったり、
ニッポン放送の「くり万太郎のオールナイトニッポンR」に出演させていただいたり、
FM世田谷のエド山口さんの番組で歌わせていただいたり、
...などの活動と、CDショップご挨拶まわりをしていました。
自分の作品がお店に置いてある事、これってすごい事なんだなあとしみじみ...。


さて、長期連載中(笑)のESCAPISMききどころ、
今日は第五回目「一人旅」です。

この歌、というか歌詞、実話です。
数年前に一人で色んな地方のライブハウス巡りをしていて、
本当に寂しくなって、「なんで俺はこんな所にいるんだろう...」なんてふと思った時に書いた曲です。
ま、どことは書けませんが^^;
実際問題、一人でずっと旅をしていますと、些細な人との触れ合いがとても嬉しかったりします。
立ち寄った飲食店での会話とか、駅員さんとの会話とか、
なんかよく覚えているものです。
そんな中、家族のありがたみを思い出したりしてしまうものなんですよね。
自分はたった一人で生きてるんじゃないんだな、って。
不思議なものです。


この曲のアレンジは小林俊太郎さん。
実に渋くしっとりとまとめてくださいました!
俊太郎さんは色々なミュージシャンに楽曲の提供や、
その編曲、さらにはプレイヤーとしても参加されている方です。
主にはジャズ系のプレイがご本人的にもお好きなようですが、
代表作品の中には、はなわさんの「佐賀県」
(SAGAさが!ってやつです)
もあったりと、非常にオールラウンドに活躍されています。
面白いですよね(笑)
今後ともぜひお付き合いさせていただきたいミュージシャンのうちのお一人です。

今回の俊太郎さんの編曲の作品は、すべてバンドで演奏を行っています。
ドラムの方やベースの方、そしてギターの方がいらっしゃるわけですが、
その皆さんのご紹介は次の「僕は元気です」でしたいと思います。

2011.03.03 ESCAPISMききどころ4~三軒茶屋の月


先週末はヴァンフォーレ甲府のキックオフパーティー
そしておとといは倉敷のコンサートで歌ってきました。

どちらも初挑戦の楽曲や編成が多く、非常に緊張しましたが、
沢山の皆様に聴いていただけて大変嬉しかったです。
どうもありがとうございました。


さて、ききどころシリーズも早く進めていかないといけないのに(汗)

今日は4曲目、『三軒茶屋の月』です。
この曲は僕は作曲だけを担当しています。
作詞はもりちよこさんにお願いしました。
もりさんはコピーライターとして活躍後、(月見バーガーの名付け親!)
現在は作詞家として活躍されている方です。
「ケロロ軍曹」のOPほか、沢山の歌手の方の作品を手がけられていらっしゃいます。

そんなもりさんに僕のメロディーを聴いていただいたのが一昨年の年末頃。
なんか僕はイメージとして三軒茶屋な感じがする、
と言っていただきまして、書いて下さったのがこの「三軒茶屋の月」。

三軒茶屋というのは、東京世田谷区の人情味あふれる住宅街。
住みたい町ランキングなんかを賑わすような素敵な街です。
それで僕は実はこの三軒茶屋にあるライブハウスでアマチュア時代、
ずっと歌ってきていました。
僕を育ててくれた街の一つなのです。
この事をもりさんは...御存知なく!なんと偶然にもインスピレーションが湧いたというのですから驚きです!
いや~、不思議(笑)

歌詞の内容は三軒茶屋を舞台にしたラブソングで、
僕の他の作品には無い大人っぽさを表現していただけました。
この曲、これまでもライブ等で歌ってきましたが、
非常に女性人気が高いのです^^;
ぜひしっとりしてください!!


ESCAPISM発売は明日です!!